東京慈恵会医科大学 腎臓・高血圧内科

腎臓・高血圧内科の歴史と概要、診療や研究などをご案内しております
HOME
腎臓・高血圧内科について
診療のご案内
教育・研究
入局希望の方へ

教育・研究

HOME > 教育・研究 > 研究班 > 腎病理班

腎病理班

1.IgA腎症についての臨床研究

厚労省進行性腎障害研究班のIgA腎症前向きコホート研究を主導、1000例以上の登録症例を追跡し、腎予後判定の識別・治療法選択の妥当性の検証を行っている。腎臓病総合レジストリーを用いた解析を行い、IgA腎症診断時の臨床的重症度には地域差があり、腎臓専門医が少ない地域ほど重症度が高いことを報告した(岡林佑典 日本腎臓学会2016, Okabayashi Y ASN 2016)。

2. 各種腎疾患における糸球体密度の臨床的意義

新潟大学小児科との共同研究により、出生時超低体重であった小児例では、対照群に比し糸球体密度が著しく低値であることを誌上報告した(Koike K CJASN 2017)。日本人のネフロン数の推算研究(日本医大・モナッシュ大学との共同研究)も成果が得られ、ネフロン数の個体差、高血圧例・CKD例での解析結果について報告した(Kanzaki G APCN 2016, ASN 2016)。

3. 高血圧・加齢と関連する腎障害に関する臨床病理学的検討

非CKD剖検腎、DM合併剖検腎で皮膜下と皮髄境界の組織指標を比較し、高血圧や加齢との関連を報告した。非CKD剖検腎では高血圧が虚血性病変に保護的に作用すること、DM合併剖検腎における糸球体肥大の部位別特徴など、重要な知見が得られた。(Okabayashi Y ASN 2016, Sasaki T ASN 2016)。

4. メサンギウム細胞の発生・機能に対するVEGFの作用

これまでpodocyteから産生されるVEGFは糸球体内皮細胞だけでなくメサンギウム細胞機能維持に重要であることを、Tet-on systemを利用したpodocyte特異的VEGF過剰発現マウスで見出した。本年度はpodocyte-VEGFがメサンギウム細胞PDGF受容体のリン酸化を調節することを明らかにし、この重要な知見につき論文投稿中である。

5. ホドサイト解離と障害で誘導される転写因子とその機能

podocyteは、隣接podocyteと基底膜との間で緊密な接着を保つことが機能維持に重要である。そこで@単離糸球体からoutgrowthして解離・脱分化したin vitro podocyte mRNAとANep25マウスとRiboTagマウスを交配し、podocyte特異的な障害マウスから得られたin vivo podocyte特異的mRNAの遺伝子発現プロフィールを比較した。約100の遺伝子で両者の発現増加率が高い相関を示し、これらには、Wt1、Mafbと競合するEgr1、Maffが含まれていた。培養podocyteを用いた実験では、これらの転写因子の変化によりpodocinの発現変化が認められた。

6. 腎の再生医療に関する基礎的検討:腎前駆細胞のニッチ内再置換による腎再生法

腎臓再生療法を実現するために我々は胎生臓器ニッチ法を開発した。すなわち異種の腎発生部位に幹細胞・腎前駆細胞を注入することで腎臓再生医療を目指しているが、そこには解決すべき課題がいくつか存在する。腎の発生部位にはもともとの腎前駆細胞が存在し、外来異種の腎前駆細胞を注入しても3割ほどしか定着しなかった。そこで、ホスト動物の腎前駆細胞においてのみジフテリアトキシン投与にてアポトーシスが誘導されるCre-LoxPシステムを用いた遺伝子改変動物を作成し、もともと存在していたホスト動物の腎前駆細胞を除去することにより発生ニッチを空けて、新たに別の腎前駆細胞を注入することにより、注入した腎前駆細胞が尿管芽との相互作用を継続し、腎糸球体や尿細管へと発生継続することを確認した。また、除去されずに残った尿管芽由来の組織と連続性を持つことも確認された。(Yamanaka S, submitted)。


教育・研究
教育研究活動
研究班
研究業績
国内外留学状況
大学院

サイトマップ
Copyright (C) Jikei University School of Medicine Division of Nephrology & Hypertension, Department of Internal Medicine All rights reserved.