東京慈恵会医科大学 腎臓・高血圧内科

腎臓・高血圧内科の歴史と概要、診療や研究などをご案内しております
HOME
腎臓・高血圧内科について
診療のご案内
教育・研究
入局希望の方へ

教育・研究

HOME > 教育・研究 > 研究班 > 腎生理・代謝班

腎生理・代謝班

1. 慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝に関する研究

我々は、二次性副甲状腺機能亢進症患者の培養副甲状腺細胞を用い電位依存型Caチャネルの存在を明らかにした。今回、正常副甲状腺細胞でも電位依存型Caチャネルの存在し、Caチャネルブロッカーで細胞内へのCa流入が調整を受けることを明らかにしている。臨床研究では慢性腎臓病患者で新規P吸着薬として開発されたクエン酸第二鉄が血清FGF23(fibroblast growth factor-23)値を下げることを明らかにした。

2. 腹膜透析に関する研究

Encapsulating peritoneal sclerosis(EPS)は腹膜透析患者において重篤な合併症である。我々は、後ろ向きの観察研究において腹膜炎の罹患期間が腹膜透過性と独立してEPSの寄与因子であることを明らかにした。この結果から腹膜炎に対する早期治癒がEPS発症を抑制できると考えた。

3. 腎移植に関する研究

慢性抗体関連型拒絶反応は腎移植における腎廃絶の主要な原因である。我々は、これまでに慢性抗体関連型拒絶反応と傍尿細管毛細血管のCaveolin-1染色性との間に強い関連性があることを報告した。現在我々は、後ろ向き観察研究において、傍尿細管毛細血管におけるCaveolin-1染色陽性患者における腎予後を検討し、その意義を検討している。
腎移植後の予後を規定する因子にドナーおよびレシピエントのミスマッチがあるが、病理学的検討は少ない。現在我々は、移植後安定した症例を対象とし、プロトコール生検を用いた臨床病理学的検討を行っている。これまでのところ、ミスマッチ群ではコントロール群に比べて糸球体肥大が生じやすく、蛋白尿が多いことを明らかとした。

4. 多発性嚢胞腎に関する研究

常染色体優性多発性嚢胞腎はPKD1/PKD2の遺伝子異常によって発症する遺伝性腎疾患である。我々はこれまでに本疾患におけるPKD1/PKD2遺伝子の機能解析、嚢胞形成機序の解明、治療薬の開発などの基礎研究を行ってきた。現在、ADPKD専門外来を開設し、遺伝子解析および遺伝カウンセリングに関する研究を行っている。


教育・研究
教育研究活動
研究班
研究業績
国内外留学状況
大学院

サイトマップ
Copyright (C) Jikei University School of Medicine Division of Nephrology & Hypertension, Department of Internal Medicine All rights reserved.