東京慈恵会医科大学 腎臓・高血圧内科

腎臓・高血圧内科の歴史と概要、診療や研究などをご案内しております
HOME
腎臓・高血圧内科について
診療のご案内
教育・研究
入局希望の方へ

腎臓・高血圧内科について

HOME > 腎臓・高血圧内科について > 腎臓・高血圧内科の歩み

腎臓・高血圧内科の歩み

腎臓・高血圧内科は東京慈恵会医科大学において昭和33年(1958年)に上田泰教授が創設された第四内科がその起源となります。上田名誉教授は昭和34年に大島研三先生らと日本腎臓学会を創設されました。その後、第二内科となり宮原正名誉教授、酒井紀名誉教授が継がれ、その間全国に先駆けて経皮的腎生検術、腹膜透析さらにはIgA腎症の疾患概念の国内導入等、常に日本の腎臓病学を牽引する立場にありました。第四代細谷龍男教授となり臓器別内科に改組され現在の腎臓・高血圧内科となり、平成25年より私、横尾隆が第五代主任教授を拝命いたしました。開局以来50有余年を迎える伝統ある教室であり、国内最大規模であるだけでなく内科学会会頭や腎臓学会会長を4人も輩出している名実共に日本を代表する腎臓内科学教室として自負しております。
歴代教授

初代 上田 泰

二代 宮原 正

三代 酒井 紀

四代 細谷 龍男
 

五代 横尾 隆
     

腎臓・高血圧内科について
教授挨拶
腎臓・高血圧内科の歩み
スタッフ紹介
関連病院案内
教室の行事・勉強会・カンファレンス等

サイトマップ
Copyright (C) Jikei University School of Medicine Division of Nephrology & Hypertension, Department of Internal Medicine All rights reserved.